コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一尺八寸 イッシャクハッスン

2件 の用語解説(一尺八寸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いっしゃく‐はっすん【一尺八寸】

《江戸時代、揚げ代が18匁(もんめ)であったところから》囲ひ女郎の異称。
《笠(かさ)の直径が1尺8寸(約54.5センチ)であったところから》笠雲の異称。
「西国の―といへる雲行きも」〈浮・永代蔵・四〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしゃくはっすん【一尺八寸】

〔延宝・天和(1673~1684)以後、囲い女郎の揚げ代が一八匁だったことから〕 囲い女郎の別名。
〔笠かさの直径が一尺八寸であるところから〕 近世、笠雲の異名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一尺八寸の関連情報