至誠(読み)しせい

精選版 日本国語大辞典「至誠」の解説

し‐せい【至誠】

〘名〙 きわめて実なこと。また、その心。まごころ
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・参安楽寺聖廟述心〈釈蓮禅〉「利物無涯春雨普、誠匪石夜雲知」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「依て至誠は天をも感ずるとか云ふ古賢の格言を力にして」 〔中

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「至誠」の解説

し‐せい【至誠】

きわめて誠実なこと。また、その心。まごころ。「至誠の人」
[類語]誠実篤実真摯忠実信実篤厚大まじめまじめ几帳面生まじめくそまじめ愚直四角四面質実堅実堅気かたぎ実直謹厳生一本一本気勤勉律儀義理堅い義理立て良心的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「至誠」の解説

【至誠】しせい

この上なく真実の心。〔中庸、三十二〕唯だ天下にして、能く天下の大經を經綸し、天下の大本を立て、天地を知ると爲す。

字通「至」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android