至誠(読み)シセイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

至誠

四つの基本理念の一つ。まごころを持って誠実にことにあたれば、すべてにいい結果をもたらす。人間だけでなく、草木鳥獣に対しても至誠であれば、豊かな実りで繁栄すると教える。

(2018-10-26 朝日新聞 朝刊 静岡全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

しせい【至誠】

この上なく誠実なこと。また、その心。まごころ。 「愛国は人性の-なり/基督信徒の慰 鑑三
[句項目] 至誠天に通ず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐せい【至誠】

〘名〙 きわめて誠実なこと。また、その心。まごころ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・参安楽寺聖廟述心〈釈蓮禅〉「利物無涯春雨普、至誠匪石夜雲知」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「依て至誠は天をも感ずるとか云ふ古賢の格言を力にして」 〔中庸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

至誠の関連情報