一本勝ち(読み)いっぽんがち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「一本勝ち」の解説

一本勝ち
いっぽんがち

柔道の試合の勝負の決め方。投技では,強さと速さをもって相手をほぼあおむけに倒したとき,固技では,相手がまいったの合図 (「まいった」と声を出すか,自分が相手の体またはを2度以上たたく) をしたときか,締技,関節技で技の効果が十分に現れたとき,抑込技で 25秒間 (国際柔道連盟試合審判規定) もしくは 30秒間 (講道館柔道試合審判規定) 抑え込んだときに一本と判定される。試合時間内に,いずれか一方が一本を取れなかった場合は,技の優劣反則の程度を比較して優勢勝ちの判定を下す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「一本勝ち」の解説

いっぽん‐がち【一本勝ち】

柔道・剣道の試合で、試合時間内に一本を取って勝つこと。「一本勝ちをおさめる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android