コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条兼香 いちじょう かねか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条兼香 いちじょう-かねか

1693*-1751 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
元禄(げんろく)5年12月16日生まれ。鷹司房輔(たかつかさ-ふさすけ)の子。一条兼輝(かねてる)の養嗣子。元禄17年従三位。右大臣にすすみ,元文2年関白,左大臣となる。延享3年関白の職を子の道香にゆずり,太政大臣に就任。従一位。大嘗祭(だいじょうさい),新嘗祭などの朝廷神事の再興をはかった。准三宮(じゅさんぐう)。寛延4年8月2日死去。60歳。法号は後円成寺。名は「かねよし」ともよむ。日記に「兼香公記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一条兼香

没年:宝暦1.8.2(1751.9.21)
生年:元禄5.12.16(1693.1.21)
江戸中期の公家。父は前関白鷹司房輔,母は山科言行の娘。前関白一条兼輝の養子となり,宝永2(1705)年9月一条家を相続。享保11(1726)年右大臣,同13年東宮傅,元文2(1737)年関白,氏長者,延享3(1746)年太政大臣となる。将軍徳川吉宗の儀礼重視政策により再興された大嘗祭,新嘗祭などの実現に関与した。垂加神道に傾倒し,学才にも恵まれ,近衛家煕をして「当世ノ才」と評された。宝暦1(1751)年,辞官と同時に功績により准三宮を贈られる。京都東福寺に葬られる。日記『兼香公記』がある。<参考文献>高埜利彦「近世における即位儀礼」(『「即位の礼」と大嘗祭』)

(母利美和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

一条兼香の関連キーワード一条兼香瀬川菊之丞宝暦西川正休坂東彦三郎(初代)坂東彦三郎坂東彦三郎佐渡国瀬川菊之丞坂東彦三郎