コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条兼香 いちじょう かねか

2件 の用語解説(一条兼香の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条兼香 いちじょう-かねか

1693*-1751 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
元禄(げんろく)5年12月16日生まれ。鷹司房輔(たかつかさ-ふさすけ)の子。一条兼輝(かねてる)の養嗣子。元禄17年従三位。右大臣にすすみ,元文2年関白,左大臣となる。延享3年関白の職を子の道香にゆずり,太政大臣に就任。従一位。大嘗祭(だいじょうさい),新嘗祭などの朝廷神事の再興をはかった。准三宮(じゅさんぐう)。寛延4年8月2日死去。60歳。法号は後円成寺。名は「かねよし」ともよむ。日記に「兼香公記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

一条兼香

没年:宝暦1.8.2(1751.9.21)
生年:元禄5.12.16(1693.1.21)
江戸中期の公家。父は前関白鷹司房輔,母は山科言行の娘。前関白一条兼輝の養子となり,宝永2(1705)年9月一条家を相続。享保11(1726)年右大臣,同13年東宮傅,元文2(1737)年関白,氏長者,延享3(1746)年太政大臣となる。将軍徳川吉宗の儀礼重視政策により再興された大嘗祭,新嘗祭などの実現に関与した。垂加神道に傾倒し,学才にも恵まれ,近衛家煕をして「当世ノ才」と評された。宝暦1(1751)年,辞官と同時に功績により准三宮を贈られる。京都東福寺に葬られる。日記『兼香公記』がある。<参考文献>高埜利彦「近世における即位儀礼」(『「即位の礼」と大嘗祭』)

(母利美和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一条兼香の関連キーワード鷹司兼熙鷹司信尚鷹司房輔鷹司兼煕鷹司輔信鷹司房平鷹司房煕鷹司冬教鷹司冬通鷹司基輝

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone