一柳頼徳(読み)ひとつやなぎ よりのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一柳頼徳 ひとつやなぎ-よりのり

1666-1724 江戸時代中期の大名。
寛文6年3月18日生まれ。一柳直治(なおはる)の長男。宝永2年(1705)伊予(いよ)(愛媛県)小松藩主一柳家3代となる。学問をこのみ,詩歌に通じた。とくに書道をよくし,将軍家に手本をおさめたといわれる。享保(きょうほう)9年10月4日死去。59歳。初名は直泰,直卿(なおあきら)。号は蝶庵(ちょうあん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android