コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一源会統 いちげん えとう

1件 の用語解説(一源会統の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一源会統 いちげん-えとう

1329-1399 南北朝時代の僧。
元徳元年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)の臨済宗(りんざいしゅう)崇禅寺の平田慈均のもとで出家。慈均が京都の東福寺,南禅寺にうつるのにしたがう。のちその法をつぐ。近江(おうみ)(滋賀県)永源寺の寂室(じゃくしつ)元光にも師事。応安元=正平(しょうへい)23年寄進された京都の祇樹庵にはいり,終生同庵をはなれなかった。春屋妙葩(しゅんおく-みょうは)らと親交があった。応永6年4月25日死去。71歳。肥後(熊本県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一源会統の関連キーワード元徳足利満兼ヘンリー[4世]ランカスター朝嘉暦経世大典元徳三峰山黙庵霊淵ブルース

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone