一目を置く(読み)いちもくをおく

  • いちもく
  • を 置(お)く
  • 一目

精選版 日本国語大辞典の解説

① 囲碁で、対局する者の間に優劣がある場合、弱い方が先に一目を置いて勝負する。
② 転じて、自分よりすぐれている者に対して、敬意を表して一歩譲る。
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)四「最初(しょて)から一目(イチモク)(オイ)てかかれば、太助どのはその弱みに附込(つけこん)で」
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「一座は事務長には一目置いてゐるらしく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一目を置くの関連情報