コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一統志 いっとうし Yī tŏng zhì

1件 の用語解説(一統志の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いっとうし【一統志 Yī tŏng zhì】

中国の伝統的な全国地理書の名。一統とは天下が一つの政権のもとに統一されること,さらにその天下全体のこと。中国では古い時代から全国各地の風俗,沿革などを記した地理書を《九州志》《郡国志》などのさまざまな名称で呼んできたが,元代に《大元一統志》がつくられ,以後明・清代におのおの《大明一統志》《大清一統志》がつくられ,一統志といえば官製の全国地誌を指すようになった。《大元一統志》の序文によれば,それまでの王朝とは異なり,もとは東アジアより中央アジア,北アジアにかけて,本当の意味での統一国家を完成させたという自負をこめて《一統志》と名づけたという(《圭塘小稿》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一統志の関連キーワード京劇大清一統志大明一統志禹貢国劇西遊録大清一統輿図輿地誌略静岡市の伝統工芸シューマン, クララ:音楽の夜会/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone