コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一統志 いっとうしYī tŏng zhì

世界大百科事典 第2版の解説

いっとうし【一統志 Yī tŏng zhì】

中国の伝統的な全国地理書の名。一統とは天下が一つの政権のもとに統一されること,さらにその天下全体のこと。中国では古い時代から全国各地の風俗,沿革などを記した地理書を《九州志》《郡国志》などのさまざまな名称で呼んできたが,元代に《大元一統志》がつくられ,以後明・清代におのおの《大明一統志》《大清一統志》がつくられ,一統志といえば官製の全国地誌を指すようになった。《大元一統志》の序文によれば,それまでの王朝とは異なり,もとは東アジアより中央アジア,北アジアにかけて,本当の意味での統一国家を完成させたという自負をこめて《一統志》と名づけたという(《圭塘小稿》)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

一統志の関連キーワードシャクシャインの戦い清の時代(年表)シャクシャイン東国輿地勝覧大南一統志喜多村政方北島雪山雍州府志永楽大典ハウカセ明一統志清一統志津軽為信津軽信寿オニビシ龔自珍徐乾学閻若璩天塩川津軽氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android