コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大清一統志 だいしんいっとうし Da-qing yi-tong-zhi; Ta-ch`ing i-t`ung-chih

5件 の用語解説(大清一統志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大清一統志
だいしんいっとうし
Da-qing yi-tong-zhi; Ta-ch`ing i-t`ung-chih

清一統志』ともいう。中国,清代の全支配領域について記した総合的地誌。省ごとに総説,図表を付し,続いて6部門に分けて大要を記述し,さらに府ごとに 21 (または 22) 部門に分けて記述する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいしんいっとうし【大清一統志】

中国、代の地理書。清の版図全域にわたる地誌で、勅命によって前後3回編纂(へんさん)された。第一次は全356巻、徐乾学らの撰で1743年完成。第二次は全424巻、和珅(かしん)らの撰で1784年完成。第三次は全560巻、穆彰阿(ぼくしょうあ)らの撰により1842年完成。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいしんいっとうし【大清一統志 Dà Qīng yì tŏng zhì】

中国,清代の全国地誌。皇帝の命令によって編纂され,時期を異にして3種の版本が刊行された。最初の版本は康熙帝の命により徐乾学等によってつくられた356巻本で,1743年(乾隆8)に完成,翌年武英殿で刊刻された。第2の版本は,64年和坤(わこん)等に増訂が命じられ,20年後に完成,その後90年(乾隆55)に武英殿で刊刻された。乾隆29年勅撰本は,本来424巻であるが,今日流布の多い光緒24年,同27年の石印本は500巻に改編されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいしんいっとうし【大清一統志】

清代の全境域と朝貢諸国の地理を詳述した勅撰の書。三五六巻本(徐乾学らの撰、1743年完成)、四二四巻本(和珅わしんらの撰、1784年完成)、五六〇巻本(穆彰阿ムチヤンアらの撰、1842年完成)の3種がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大清一統志
だいしんいっとうし

中国、清(しん)代に政府事業として編集された地理書。全領土の自然、人文地理を行政区画別に記述し、終わりに朝貢各国としてほとんど全世界のことを付説している。三度つくられ、最初は1743年に完成。第二は1764年から20年をかけてつくられた。第三は1842年に完成したが、内容は1820年で止まっているので『嘉慶(かけい)重修一統志』という。これは560巻で、もっとも体裁が整い内容も充実している。[日比野丈夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大清一統志の言及

【胡渭】より

…字は朏明(ひめい),浙江省徳清県の人。地理学と易学とに詳しく,前者では,徐乾学(1631‐94)を総裁とする《大清一統志》の編纂に参加し,さらに彼自身も最古の地理書である《尚書》禹貢篇を研究し,漢代以来の水流の変遷を明らかにした《禹貢錐指(すいし)》20巻を著した。後者では,《易図明弁》10巻で,朱子学者が尊んだ〈河図洛書〉〈太極図〉は後世の道士の手に成るもので信用できないことを説き,以後これが定説となった。…

※「大清一統志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大清一統志の関連キーワード職権命令略式命令依命通達業務命令欽定綸命貴命国使皇帝の密使《皇国地誌》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone