コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一致勝劣 いっちしょうれつ

世界大百科事典 第2版の解説

いっちしょうれつ【一致勝劣】

本迹(ほんじやく)一致と本迹勝劣を省略した語。《法華経》を解釈するにあたり,前半の14品(14章の意味)を迹門(しやくもん)とよび,後半の14品を本門とし,両門の関係が論じられた。日蓮は《法華経》をもって末代(末法)への教主釈尊の救いとし,天台宗が伝統的に迹門本門を一体とする解釈を批判して,本門によってこそ《法華経》の救いが保証されるとした。日蓮滅後,この解釈をめぐって,本門に比重はあるが迹門とは一致の関係にあるとする本迹一致説と,その相違点を明確にせよという本迹勝劣の主張が対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android