コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般化された他者 いっぱんかされたたしゃgeneralized other

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般化された他者
いっぱんかされたたしゃ
generalized other

アメリカの社会学者 G.H.ミードの用語。人はさまざまな他者の,自分に対する役割期待を取入れ自己を形成していくが,このように個人に内在化される他者の社会的期待が個々の他者のそれにとどまらず,総体的規範として社会の成員の一般化された反応に高まる。こうして社会的規範を表象するような役割体系としての他者を一般化された他者という。たとえば,子供が父親のことを,父親という一般的な規範的役割の文脈で統一的に認識するとき,父親は一般化された他者としてとらえられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android