コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色公深 いっしき こうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色公深 いっしき-こうしん

?-1330 鎌倉時代の武将。
足利泰氏(やすうじ)の子。宮内卿(くないきょう)をつとめる。三河(愛知県)幡豆郡(はずぐん)吉良(きら)荘の一色を領国とし,一色氏の祖となる。同荘の今川を領する今川国氏(くにうじ)の娘を妻とする。のち一族をあげて一色の地をはなれ,元応元年下総(しもうさ)(のち武蔵(むさし))幸手(さって)(埼玉県)を本拠とした。元徳2年2月17日死去。通称は一色律師

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一色公深の関連キーワード一色範氏足利泰氏

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android