コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色公深 いっしき こうしん

1件 の用語解説(一色公深の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色公深 いっしき-こうしん

?-1330 鎌倉時代の武将。
足利泰氏(やすうじ)の子。宮内卿(くないきょう)をつとめる。三河(愛知県)幡豆郡(はずぐん)吉良(きら)荘の一色を領国とし,一色氏の祖となる。同荘の今川を領する今川国氏(くにうじ)の娘を妻とする。のち一族をあげて一色の地をはなれ,元応元年下総(しもうさ)(のち武蔵(むさし))幸手(さって)(埼玉県)を本拠とした。元徳2年2月17日死去。通称は一色律師

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

一色公深の関連キーワード足利正知足利満隆足利持仲足利泰氏足利義助足利義久足利頼氏朽木経氏斯波家氏薗田成重

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone