今川(読み)いまがわ

精選版 日本国語大辞典「今川」の解説

いまがわ いまがは【今川】

氏の一つ。源姓足利氏の支流。鎌倉期、足利義氏の子長氏の二男国氏が、三河国今荘を得、それを冠して、今川氏を称したとされる。鎌倉幕府倒幕に際しては、国氏の孫範国は足利尊氏に従い、その後、駿河遠江二か国の守護となり、また室町幕府の引付頭人として幕政を担った。範国の二男貞世(了俊)は、九州探題となって辣腕をふるった。関東の動向を監視し、幕府の関東対策の一翼を担った。斯波氏に遠江の守護を奪われた時期もあるが、一六世紀初頭の氏親の代に遠州を勢力下におさめ、分国法今川仮名目録」を制定し、戦国大名への脱皮を果たした。義元の代にいたり、三河を支配下に入れ、駿河・遠江・三河の東海三か国を支配する大名へと成長したが、織田信長に破れ、後を継いだ氏真は、武田・徳川・北条氏らの侵攻をうけ、戦国大名としての今川氏は滅んだ。

いまがわ いまがは【今川】

[1]
※雑俳・西国船(1702)「一つ宛今川の義理いやがない」
※歌舞伎・けいせい花絵合(1773)三の口「すべて武家に育つ娘には、おさない時より女ていきん、今川などよみならわせ」
[2] 〘名〙 「いまがわやき(今川焼)」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「今川」の解説

今川
いまがわ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
慶安1(江戸)

今川
(通称)
いまがわ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
子宝今川状 など
初演
享保5.11(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

デジタル大辞泉「今川」の解説

いまがわ〔いまがは〕【今川】

姓氏の一。足利(あしかが)氏の一族。足利国氏が三河国幡豆(はず)郡今川荘に住み、姓を名のったのに始まる。東海一の戦国大名。義元桶狭間(おけはざま)で敗死してから衰退。
[補説]「今川」姓の人物
今川義元(いまがわよしもと)
今川了俊(いまがわりょうしゅん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android