コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利泰氏 あしかが やすうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利泰氏 あしかが-やすうじ

1216-1270 鎌倉時代の武将。
建保(けんぽ)4年生まれ。足利義氏の子。母は北条泰時の娘,妻は北条時頼の妹で北条氏と深いつながりをもつが,建長3年許可なく出家したため所領を没収された。子に足利尊氏につながる頼氏をはじめ,斯波(しば),渋川,石塔,一色各氏の祖となった家氏,義顕,頼茂,公深がいる。文永7年5月10日死去。55歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

足利泰氏

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:建保4(1216)
鎌倉中期の武士。義氏と北条泰時の娘の子。丹後守,宮内少輔となる。足利氏の正嫡として,北条時頼の妹を妻に迎えて順調に出世したかにみえたが,宝治1(1247)年に妻を失い,建長3(1251)年には突然,上総国(千葉県)の埴生荘で出家遁世した。そのため自由出家の罪を問われて所領を没収され,以後の足利氏の苦境の因をつくった。

(五味文彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

足利泰氏の関連キーワード高水寺城足利頼氏斯波家氏上総秀胤一色公深鎌倉時代石塔氏渋川氏一色氏斯波氏板倉氏没年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android