コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色次郎 いっしき じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色次郎 いっしき-じろう

1916-1988 昭和時代後期の小説家。
大正5年5月1日生まれ。佐佐木茂索知遇を得,戦後執筆生活にはいる。昭和42年「青幻記」で太宰治(だざい-おさむ)賞。「東京大空襲・戦災誌」を早乙女(さおとめ)勝元と編集し,49年菊池寛賞。幼時に父が無実の罪で獄死したいきさつがあり,死刑廃止運動に尽力した。昭和63年5月25日死去。72歳。鹿児島県出身。本名は大屋典一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一色次郎の関連キーワード青幻記 遠い日の母は美しく

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android