コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色次郎 いっしき じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色次郎 いっしき-じろう

1916-1988 昭和時代後期の小説家。
大正5年5月1日生まれ。佐佐木茂索知遇を得,戦後執筆生活にはいる。昭和42年「青幻記」で太宰治(だざい-おさむ)賞。「東京大空襲・戦災誌」を早乙女(さおとめ)勝元と編集し,49年菊池寛賞。幼時に父が無実の罪で獄死したいきさつがあり,死刑廃止運動に尽力した。昭和63年5月25日死去。72歳。鹿児島県出身。本名は大屋典一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一色次郎の関連キーワード青幻記 遠い日の母は美しく

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android