コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐佐木茂索 ササキモサク

百科事典マイペディアの解説

佐佐木茂索【ささきもさく】

小説家,編集者。京都生れ。京都一中中退。芥川龍之介に師事し,《おぢいさんとおばあさんの話》(1919年)で文壇デビュー。《南京の皿》などの作品を書く一方,新潮社などをへて《文芸春秋》編集長,やがて専務となり経営に専念。戦後は文芸春秋新社社長となる。日本雑誌協会理事長,全国出版協会理事,東宝専務などを務めた。作家ささきふさは夫人。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐佐木茂索 ささき-もさく

1894-1966 大正-昭和時代の小説家,出版経営者。
明治27年11月11日生まれ。芥川竜之介(あくたがわ-りゅうのすけ)に師事し,「春の外套(がいとう)」「天の魚」などを刊行。昭和4年菊池寛にまねかれ,文芸春秋社総編集長となり,芥川賞,直木賞を制定。戦後,文芸春秋新社社長となり,同社再建につくした。昭和41年12月1日死去。72歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ささきもさく【佐佐木茂索】

1894~1966) 小説家・出版人。京都の生まれ。1929年(昭和4)「文芸春秋」編集長。46年文芸春秋新社社長。著「困った人達」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の佐佐木茂索の言及

【文芸春秋[株]】より

…1937年日中戦争が勃発すると,《文芸春秋・事変増刊》を《現地報告》と改題,月刊化し(1938),《大洋》を創刊(1939),43年には満州文芸春秋社を設立するなど戦争協力の姿勢を強めた。第2次大戦後の46年3月,菊池寛は社の解散を表明,翌4月に佐佐木茂索を社長に文芸春秋新社を設立,《文芸春秋》《オール読物》《文学界》を引き継いだ。66年,株式会社文芸春秋と改称。…

※「佐佐木茂索」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android