コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐佐木茂索 ササキモサク

4件 の用語解説(佐佐木茂索の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ささき‐もさく【佐佐木茂索】

[1894~1966]小説家・編集者。京都の生まれ。芥川竜之介に師事。昭和10年(1935)菊池寛と図って芥川賞直木賞を創設。のち、文芸春秋新社社長。短編集「春の外套」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐佐木茂索【ささきもさく】

小説家,編集者。京都生れ。京都一中中退。芥川龍之介に師事し,《おぢいさんとおばあさんの話》(1919年)で文壇デビュー。《南京の皿》などの作品を書く一方,新潮社などをへて《文芸春秋》編集長,やがて専務となり経営に専念。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐佐木茂索 ささき-もさく

1894-1966 大正-昭和時代の小説家,出版経営者。
明治27年11月11日生まれ。芥川竜之介(あくたがわ-りゅうのすけ)に師事し,「春の外套(がいとう)」「天の魚」などを刊行。昭和4年菊池寛にまねかれ,文芸春秋社総編集長となり,芥川賞,直木賞を制定。戦後,文芸春秋新社社長となり,同社再建につくした。昭和41年12月1日死去。72歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ささきもさく【佐佐木茂索】

1894~1966) 小説家・出版人。京都の生まれ。1929年(昭和4)「文芸春秋」編集長。46年文芸春秋新社社長。著「困った人達」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐佐木茂索の言及

【文芸春秋[株]】より

…1937年日中戦争が勃発すると,《文芸春秋・事変増刊》を《現地報告》と改題,月刊化し(1938),《大洋》を創刊(1939),43年には満州文芸春秋社を設立するなど戦争協力の姿勢を強めた。第2次大戦後の46年3月,菊池寛は社の解散を表明,翌4月に佐佐木茂索を社長に文芸春秋新社を設立,《文芸春秋》《オール読物》《文学界》を引き継いだ。66年,株式会社文芸春秋と改称。…

※「佐佐木茂索」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐佐木茂索の関連キーワード高桑義生金子洋文橘外男新井紀一大泉黒石田中純(1)寺崎浩戸川貞雄仲町貞子野沢純

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone