コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一読 イチドク

デジタル大辞泉の解説

いち‐どく【一読】

[名](スル)一度読むこと。ひととおり読むこと。「一読の価値がある」「応募作を一読する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちどく【一読】

( 名 ) スル
ひと通り読むこと。ざっと読むこと。 「 -の価値がある」 「診察書を-するに死期方さに近きにあれば/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一読の関連キーワードロス(Henry Roth)ヤヒヤー・ハッキー毒・独・獨・読・讀世界自然保護基金宮古 啓三郎当世書生気質就職情報誌柴田 道子三嘆・三歎大伴旅人坪内逍遙一唱三嘆読会制足りる瞭然ゾラ絶倒韻文三嘆付合

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一読の関連情報