一谷(読み)いちのたに

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] (一ノ谷) 神戸市須磨区南西端の地名。鉄拐(てっかい)、鉢伏(はちぶせ)の二山が海に迫る地。上方に安徳天皇の内裏跡があり、鉄拐山の北に鵯越(ひよどりごえ)がある。源平の古戦場。浜須磨。
※平家(13C前)九「一谷は北は山、南は海」
[2] 〘名〙
① 当世兜の変わり鉢の一種。頭立(ずたて)の部分を高く峰を一文字にきりたった作りもの。〔武具訓蒙図彙(1684)〕
② 女陰をいう俗語。〔特殊語百科辞典(1931)〕
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉二「『一の谷さ』と俺は言ったが、相手にはまだ通じない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一谷の関連情報