コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一道(2) いちどう

1件 の用語解説(一道(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一道(2) いちどう

?-1752* 江戸時代中期の僧。
浄土宗。伊勢(いせ)(三重県)観正庵の住職。兄の瞻阿(せんあ)が8万4000鋪(ほ)の曼陀羅(まんだら)を制作して諸国にひろめるのをたすけ,曼陀羅の研究につとめた。宝暦元年12月14日死去。号は阿誉霊順。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一道(2)の関連キーワード談義本ナッシュ滑稽本波の伊八飯田口説亀田鵬斎彭城百川銅脈先生鳥居清長ボンヌ図法

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone