コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一重草 ヒトエグサ

デジタル大辞泉の解説

ひとえ‐ぐさ〔ひとへ‐〕【一重草】

ヒトエグサ科の緑藻。浅い海岸の岩上に生え、全体に黄緑色で薄く、ほぼ円形をし、縁は波打つ。汁の実や佃煮にする。ひとえあおさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとえぐさ【一重草】

キキョウの異名。
緑藻類ヒビミドロ目の海藻。関東地方以西の太平洋沿岸の潮間帯上部に生育。葉状体は一層の細胞からなり、扇形ないし円形の薄い膜質で、黄緑色を呈する。食用として養殖し、青のり・佃煮とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一重草 (ヒトエグサ)

植物。キキョウ科の多年草,園芸植物,薬用植物。キキョウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

一重草の関連キーワード葉状体食用扇形異名海藻生育

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android