コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁若【よう】 ていじゃくよう

1件 の用語解説(丁若【よう】の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

丁若【よう】【ていじゃくよう】

朝鮮王朝時代の思想家。号は茶山(たさん)。朝鮮実学集大成者。全羅道羅州の人。1789年科挙試文科に及第,官職は刑曹参議に至り,正祖に信任された。西学(洋学)にも精通し,正祖に城制改革案を上奏,華城建設工事の技術の多くは彼の提言によるものと言われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

丁若【よう】の関連キーワード韓非朝鮮王朝朝鮮王朝実録王朝時代思想家曽参朝鮮王室儀軌阿只抜都《朝鮮王朝実録》朝鮮王朝の王墓群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone