コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁若【よう】 ていじゃくよう

百科事典マイペディアの解説

丁若【よう】【ていじゃくよう】

朝鮮王朝時代の思想家。号は茶山(たさん)。朝鮮実学の集大成者。全羅道羅州の人。1789年科挙試文科に及第官職は刑曹参議に至り,正祖に信任された。西学(洋学)にも精通し,正祖に城制改革案を上奏華城建設工事の技術の多くは彼の提言によるものと言われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

丁若【よう】の関連キーワードチョンヤヨン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android