華城(読み)かじょう

百科事典マイペディアの解説

華城【かじょう】

韓国京畿道水原市にある朝鮮王朝時代の城塞遺跡。水原城とも呼ばれる。世界遺産。朝鮮王朝第22代国王正祖によって建造された。1793年(正祖17)の末から翌年初にかけて築城が開始され,3ヵ年近くの歳月を費やして,1796年の秋に完成。正祖の理想都市として丁若【よう】など実学の学者が関与して設計された。華城への遷都も検討されたが,完成直後に正祖が没し,見送られたといわれる。西洋の技術も取り入れた東西融合の城郭建築である。朝鮮戦争で一部破壊されたが,1979年,建設当時の詳細な資料《華城城役儀軌》に基づく本格的な復元工事が竣工した。
→関連項目水原

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産情報の解説

華城

華城は、韓国京畿道水原市にある朝鮮時代の城塞遺跡です。18世紀末に朝鮮王朝第22代国王・正祖が、非命に倒れた父のを楊州から移し、城壁で防護しました。建築には、2年を越える月日と37万人の労力が投入されたといわれています。城壁の長さは5kmを越え、東洋と西洋の技術を融合させています。現在は41の建築物が美しい姿を残しており、その中で八達門は宝物第402号、華西門は宝物403号に指定されました。1997年には城全体がユネスコ指定世界文化遺産として登録されています。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

世界遺産詳解の解説

かじょう【華城】

1997年に登録された韓国の世界遺産(文化遺産)。首都ソウルの南方にある水原市(京畿道)に残っている、李氏朝鮮時代の城塞遺跡である。韓国の史跡第3号に指定されている。18世紀末に第22代の朝鮮王正祖が、非業の死をとげた父(荘献世子)の墓を楊州からここに移し、新たな王都とすべく2年10ヵ月の歳月と約38万人の労働力を投入して、城壁で囲まれた都市を築いた。その建設には中国を経由して西洋の築城技術が導入され、石材とレンガを併用した城壁や城塞が築かれた。全長5kmを超える城壁の東西南北の四方に4つの楼門(東の蒼龍門、西の華西門、南の八達門、北の長安門)を設け、長安門の東には、石橋の下に7つの水門がある水上楼閣華虹門を建設した。この城塞都市の最も高い場所である八達山には、市内を望むことができる西将台がある。ここへの遷都は、正祖の死去により結局実現しなかった。◇英名はHwaseong Fortress。華城は韓国語でファソンと発音する。

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

世界大百科事典内の華城の言及

【水原城】より

…韓国,京畿道水原市に残る李朝時代の邑城。華城とも呼ばれた。李朝第22代正祖が建造したもので,1793年(正祖17)の末から翌年初にかけて築城が開始され,3ヵ年近くの歳月を費やして,96年の秋に完成している。…

【李朝美術】より

…その機能や立地から,建物の様式はきわめて絵画的に華美につくられた。李朝の石造建築は城郭や楼閣の台基の積み方に著しい進歩を示すが,城郭では水原の華城(1796)が中国における墩(とん)や台までも併用し,完備されたものとして知られる。しかし水原城を最後として以降の築城は衰退する。…

※「華城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報