七の社(読み)ナナノヤシロ

  • なな
  • の 社(やしろ)

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 滋賀県大津市坂本にある日吉(ひえ)大社を構成している山王二一社のうち、西本宮(大宮)・東本宮(二宮)・宇佐宮(聖真子(しょうしんじ))・八王子宮・白山姫神社(客人)・樹下神社(十禅師)・三宮神社の称。これを上七社ともいう。その他を中七社、下七社とする。→山王七社(さんのうしちしゃ)
※新古今(1205)神祇・一九〇二「わが頼むななの社のゆふだすきかけても六の道にかへすな〈慈円〉」
[二] 京都市上京区社横町にある櫟谷(いちいだに)七野神社の古称。七つの社と称するのは、主祭神春日明神のほかに伊勢・八幡・賀茂・松尾・平野・稲荷の六社をあわせまつったからという。一説に、当社の近くに内野・北野・〆(しめ)野(萩野または御栗野とも)・蓮台野・紫野・上野・平野の七野があり、その惣社だから七野社であるともいい、なお七野の数え方にも諸説がある。また、山王七社を勧請(かんじょう)したからともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七の社の関連情報