コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七破風の屋敷 シチハフノヤシキ

デジタル大辞泉の解説

しちはふのやしき【七破風の屋敷】

《原題The House of the Seven Gablesホーソンの長編小説。1851年刊。のろわれた家系の運命を描くゴシック小説。別邦題「七破風の家」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七破風の屋敷
しちはふのやしき
The House of the Seven Gables

アメリカの作家ホーソンの長編小説。1851年刊。ピンチョン大佐は、モールという男を魔法使いとして処刑し、彼の土地を奪って七つの破風のある屋敷を建てる。モールの呪(のろ)いのせいか、一家は2世紀の間に衰え、現在、老兄妹クリフォードとヘプジバー、遠縁の娘フィービー、下宿人ホールグレーブだけが屋敷に住む。兄妹を脅かす偽善者のいとこピンチョン判事は、モールの呪いどおり変死。最後にモールの子孫にあたるホールグレーブがフィービーと結ばれ、両家の宿怨(しゅくえん)は解ける。作者の先祖が、17世紀末セーレムの魔女裁判判事を務め、被告に呪われたという伝説に基づき、新旧二つの時代の対比をテーマとしている。[島田太郎]
『大橋健三郎訳「七破風の屋敷」(『世界文学大系81』所収・1966・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

七破風の屋敷の関連キーワード大橋健三郎セーラム