七破風の屋敷(読み)シチハフノヤシキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七破風の屋敷
しちはふのやしき
The House of the Seven Gables

アメリカの作家ホーソンの長編小説。1851年刊。ピンチョン大佐は、モールという男を魔法使いとして処刑し、彼の土地を奪って七つの破風のある屋敷を建てる。モールの呪(のろ)いのせいか、一家は2世紀の間に衰え、現在、老兄妹クリフォードとヘプジバー、遠縁の娘フィービー、下宿人ホールグレーブだけが屋敷に住む。兄妹を脅かす偽善者のいとこピンチョン判事は、モールの呪いどおり変死。最後にモールの子孫にあたるホールグレーブがフィービーと結ばれ、両家の宿怨(しゅくえん)は解ける。作者の先祖が、17世紀末セーレムの魔女裁判判事を務め、被告に呪われたという伝説に基づき、新旧二つの時代の対比をテーマとしている。[島田太郎]
『大橋健三郎訳「七破風の屋敷」(『世界文学大系81』所収・1966・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android