コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七輪/七厘 シチリン

3件 の用語解説(七輪/七厘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しち‐りん【七輪/七厘】

《価が7厘ほどの炭で間に合うの意からという》炭火をおこしたり、煮炊きをしたりするための簡便な土製のこんろ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しちりん【七輪】

七厘とも書く。家庭での炊飯に用いる,小型で移動のできる土製のこんろ。下部にさな(簀の子(すのこ))を設け,横穴をあけて空気の流通を良くする。燃料は木炭で,わずか7厘ほどの値段分でたりることからこの名があるといわれ(《倭訓栞(わくんのしおり)》),すぐ火がおこることから,関西地方では〈癇癖(かんぺき)〉の転訛した〈かんてき〉の名でも呼ばれた。さなの輪が7種類あったので七輪というとする説もある。江戸時代中期から普及したと思われ,明治時代にはどこの家庭でも見られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

しちりん【七輪/七厘】

土製の小型こんろ。ふつう木炭が燃料。江戸時代から一般的に用いられてきた。こんにちでは卓上で焼き肉をする場合などに用いる。◇燃料の炭の価が7厘で足りるということから。1厘は円の1000分の1。関西地方では「かんてき」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七輪/七厘の関連キーワード家庭経済御父様七輪・七厘炊飯庭訓ガス七厘洋盃釣船飯ごう

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone