コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七輪/七厘 シチリン

3件 の用語解説(七輪/七厘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しち‐りん【七輪/七厘】

《価が7厘ほどの炭で間に合うの意からという》炭火をおこしたり、煮炊きをしたりするための簡便な土製のこんろ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しちりん【七輪】

七厘とも書く。家庭での炊飯に用いる,小型で移動のできる土製のこんろ。下部にさな(簀の子(すのこ))を設け,横穴をあけて空気の流通を良くする。燃料は木炭で,わずか7厘ほどの値段分でたりることからこの名があるといわれ(《倭訓栞(わくんのしおり)》),すぐ火がおこることから,関西地方では〈癇癖(かんぺき)〉の転訛した〈かんてき〉の名でも呼ばれた。さなの輪が7種類あったので七輪というとする説もある。江戸時代中期から普及したと思われ,明治時代にはどこの家庭でも見られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

しちりん【七輪/七厘】

土製の小型こんろ。ふつう木炭が燃料。江戸時代から一般的に用いられてきた。こんにちでは卓上で焼き肉をする場合などに用いる。◇燃料の炭の価が7厘で足りるということから。1厘は円の1000分の1。関西地方では「かんてき」ともいう。

出典|講談社
食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone