癇癖(読み)カンペキ

大辞林 第三版の解説

かんぺき【癇癖】

過度に怒りっぽい性質。癇癪かんしやく。癇性。 「 -が強い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐ぺき【癇癖】

〘名〙 神経質で激しやすい性格。おこりっぽい性質。癇癪(かんしゃく)
※鳥追阿松海上新話(1878)〈久保田彦作〉「目を眠り思ひ入たる体なれば猶々つのる疳癖(カンペキ)に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android