コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんてき カンテキ

3件 の用語解説(かんてきの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐てき

(京阪地方で)七輪(しちりん)のこと。
癇癪(かんしゃく)。また、癇癪持ち。
「わしも―起こして其の烟草入れを引き破らうとしたけれど」〈洒・南遊記〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かんてき
かんてき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のかんてきの言及

【七輪】より

…下部にさな(簀の子(すのこ))を設け,横穴をあけて空気の流通を良くする。燃料は木炭で,わずか7厘ほどの値段分でたりることからこの名があるといわれ(《倭訓栞(わくんのしおり)》),すぐ火がおこることから,関西地方では〈癇癖(かんぺき)〉の転訛した〈かんてき〉の名でも呼ばれた。さなの輪が7種類あったので七輪というとする説もある。…

※「かんてき」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かんてきの関連情報