かんてき(読み)カンテキ

大辞林 第三版の解説

かんてき

関西地方で、七輪のこと。
怒りっぽいこと。また、怒りっぽい人。癇癪かんしやく。癇癪持ち。 「つい-であちらへ往たのぢや/洒落本・南遊記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐てき

〘名〙 (「かんでき」とも)
① 多く、上方で七厘(しちりん)、焜炉(こんろ)をいう語。
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)五「瓦器売 京坂かんてきと云。火炉」
かんしゃく。また、かんしゃくを起こしやすい人。かんしゃくもち。かんてき者。
※談義本・身体山吹色(1799)三「万吉そろそろ疳症(カンデキ)の顔色にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のかんてきの言及

【七輪】より

…下部にさな(簀の子(すのこ))を設け,横穴をあけて空気の流通を良くする。燃料は木炭で,わずか7厘ほどの値段分でたりることからこの名があるといわれ(《倭訓栞(わくんのしおり)》),すぐ火がおこることから,関西地方では〈癇癖(かんぺき)〉の転訛した〈かんてき〉の名でも呼ばれた。さなの輪が7種類あったので七輪というとする説もある。…

※「かんてき」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android