コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七重浜 ななえはま

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕七重浜(ななえはま)


北海道南西部、函館(はこだて)湾に臨む海岸。常盤(ときわ)川河口から西へ、久根別(くねべつ)川河口まで約2.5km続く。沖合は1954年(昭和29)の青函(せいかん)連絡船洞爺丸(とうやまる)遭難事故の現場で、海岸に慰霊碑が建つ。東部は埋め立てられ、石油貯蔵施設やコンクリート工場などが立地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

七重浜の関連キーワード洞爺丸台風事故コシャマイン北海道北斗市洞爺丸事故大場茂俊北斗市海難沖合河口常盤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七重浜の関連情報