七高僧(読み)シチコウソウ

大辞林 第三版の解説

しちこうそう【七高僧】

釈迦以来、親鸞しんらんの開宗に至るまで、弥陀みだの他力本願を宣布し西方浄土への往生を勧めた七人の高僧。インドの竜樹・天親、中国の曇鸞どんらん・道綽どうしやく・善導、日本の源信・源空。親鸞の選定という。七祖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐こうそう ‥カウソウ【七高僧】

親鸞が浄土の高僧として選んだ七人。インドの龍樹・天親、中国の曇鸞(どんらん)・道綽(どうしゃく)・善導、日本の源信・源空。七祖。〔三帖和讚(1248‐60頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android