コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇鸞 どんらん Tan-luan

6件 の用語解説(曇鸞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曇鸞
どんらん
Tan-luan

[生]承明1(476)
[没]大統8(542)
中国,南北朝時代の浄土教の第一人者。唐代浄土教大成の基礎をつくった。真宗七高僧の第3祖。初め四論 (『中論』『百論』『十二門論』『大智度論』) の学者として名をはせたが,『大集経』の注解をなそうとし,不老長寿の妙法を道士に求めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どんらん【曇鸞】

[476~542]中国、北魏の僧。雁門(山西省)の人。唐代浄土教大成の基礎を築いた。浄土教五祖の初祖とされる。著「浄土論註」「讚阿弥陀仏偈」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

曇鸞【どんらん】

中国,南北朝の仏僧。四論(中論,百論,十二門論,大智度論)に通じ,中国浄土教の開祖とされる。初め道教を信じたが,菩提流支(ぼだいるし)に《観無量寿経》を授けられて浄土教に帰依(きえ)した。
→関連項目善導道綽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どんらん【曇鸞 Tán luán】

476‐542?
中国,北魏の僧。中国,日本の浄土教の祖。山西省北部の五台山近くの雁門で生まれ,出家ののちは竜樹系の四論(《智度論》《中観論》《十二門論》《百論》)の教義に親しんだ。のち《大集経》の注釈をしようとして病気になり,不老長寿の術を得るべく江南に至り,茅山の陶弘景について学び《仙経》を得て北帰した。しかし洛陽で,北インドからきていた菩提流支に会い,仏教にも無量寿の法があると,新訳なったばかりの世親撰《無量寿経論》(一説に《観無量寿経》)を授けられて大いに恥じ入り,《仙経》を焼いて浄土教に回心し,のちには汾州の石壁玄中寺に住した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どんらん【曇鸞】

476~542) 中国北魏の僧。浄土五祖の初祖。真宗七祖の第三祖。一時、道教に接近。のち菩提流支から観無量寿経を授けられ、浄土信仰者となったという。著「浄土論注」「讃阿弥陀仏偈」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曇鸞
どんらん
(476?―542/554)

生没年は正確に断定しえないが、北魏(ほくぎ)後半から北斉初頭にかけての、中国浄土教の僧。浄土真宗の七祖の1人。俗名などについては不明。迦才(かさい)の『浄土論』に、出身地は(もんすい)と記されているが、一般には『続高僧伝』によって雁門(がんもん)(山西省)とされている。『続高僧伝』によれば、15歳に満たないころ、五台山中の文殊化現(もんじゅけげん)の霊跡を訪ね、感銘を受け出家した。そして、当時湖北で盛んであった龍樹(りゅうじゅ)の空観(くうがん)を学んだ四論(しろん)の学匠であった。50歳を過ぎたころ、『大集経(だいじっきょう)』の注釈の完成のために、長生不死の仙法を求め、陶隠居(とういんきょ)(陶弘景(とうこうけい))に仙経10巻を授かった。帰路、洛陽(らくよう)で菩提流支(ぼだいるし)三蔵にあい、長生不死の法でこの仙経に勝る法が仏法のなかにあるかと問い、地に唾(つば)をして菩提流支に叱責(しっせき)され、『観無量寿経』を授かった。これによって、仙経10巻を焼き捨て、深く浄土教に帰依(きえ)した。以後、著作と念仏の教化とに命を捧(ささ)げ、67歳で没したと伝えられている。迦才の『浄土論』には、学匠としてよりも、民衆とともに浄土へ往生(おうじょう)した往生人として伝えられている。著作には、曇鸞教学の真髄である『浄土論註(ちゅう)』二巻がある。ほかに『讃阿弥陀仏偈(さんあみだぶつげ)』一巻、『略論安楽浄土義』一巻などがある。[延塚知道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の曇鸞の言及

【玄中寺】より

…文水に面した石壁山の山号をもつ玄中寺は,中国でもっとも由緒ある浄土教の寺院である。北魏の曇鸞(どんらん)が,浄土教へ回心して,晩年にこの寺に住した。のちに涅槃経を修めていた道綽(どうしやく)が,609年(隋の大業5)48歳のときにこの寺にきて曇鸞の碑文をよみ,浄土教に帰したとされる。…

【五台山】より

…《華厳経》の受持にともない,5世紀ころから文殊菩薩の住む清涼山にあたると信ぜられ,普賢菩薩の峨嵋山,観音の補陀落山とともに中国三大仏教聖地の一つとなった。浄土教の曇鸞(どんらん)がここに遊び聖跡に感じて出家した話は有名であるが,大塔院寺等いわゆる台中百ヶ寺の基礎が置かれたのも,このころである。窺基は弟子を率いて福田を行い,澄観は華厳寺で華厳,法華を講義,《華厳経疏》をあらわし,また高麗の慈蔵,北インドの仏陀波利,日本の玄昉(げんぼう)など外国僧の入山も相次いだ。…

【浄土教】より

…ただし,慧遠を中心とする結社は高僧隠士の求道の集まりで,主として《般舟三昧経》に依拠して見仏を期し,各人が三昧の境地を体得しようと志すものであって,ひろく大衆を対象とする信仰運動ではなかった。日本の法然,親鸞らを導いた純浄土教義と信仰は,北魏末の曇鸞(どんらん)に始まり,道綽(どうしやく)を経て善導によって大成される。はじめ竜樹系の空思想に親しんでいた曇鸞は,洛陽でインド僧の菩提流支に会い,新訳の世親撰《無量寿経論》を示されて浄土教に回心し,のち山西の玄中寺でこれを注解した《往生論註》を撰述し,仏道修行の道として仏の本願力に乗ずる易行道につくことを宣布するとともに,いわゆる〈浄土三部経〉を浄土往生の信仰の中心とする浄土教義をうちたてた。…

【浄土論】より

…〈五念門〉とは,礼拝,讃嘆,作願,観察,廻向の五つであるが,なかでも観察(浄土を観想すること)が中心で,17種の国土荘厳,8種の仏荘厳,4種の菩薩荘厳よりなる。中国において,曇鸞(どんらん)が《浄土論註》(《往生論註》)を書いてその思想を展開し,日本では法然が〈浄土三部経〉と並べて〈三経一論〉として重んじた。【末木 文美士】。…

【浄土論註】より

…中国,北魏の僧曇鸞(どんらん)(476‐542)の主著。インドのバスバンドゥ(世親または天親)の《浄土論》に対する注釈で,《往生論註》ともいい,《論註》《註論》とも略称される。…

※「曇鸞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曇鸞の関連キーワード七祖浄土法門源流章九帖の御書七高僧浄土五祖浄土八祖道武帝善導流浄土教版浄土論註

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曇鸞の関連情報