徳本(読み)とくほん

世界大百科事典 第2版の解説

とくほん【徳本】

1758‐1818(宝暦8‐文政1)
江戸中期の浄土宗の代表的な念仏行者。紀伊国(和歌山県)日高郡志賀村に生まれた。幼年より念仏に親しみ,1784年(天明4)27歳で往生寺(,御坊市)の大円について出家した。別時念仏,不断念仏など念仏の行を積み,文字を習わずして仏道の奥旨をきわめたという。紀州藩主の招きに応じ有田山に居したが,摂津河内に行脚して念仏を広め,衆庶帰依をうけた。1803年(享和3)46歳のとき,京都の鹿ヶ谷法然院で,それまでの長髪長爪の異相を改め,除髪した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

徳本 (とくほん)

生年月日:1758年6月22日
江戸時代後期の浄土宗の僧
1818年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とく‐ほん【徳本】

[1] (「本」は因、または根の意) 仏語。結果としてすぐれた果をもたらす善根功徳のこと。また、功徳の本となる善法のこと。真宗では特に阿彌陀仏の名号をいう。善本。〔伝教大師消息(824‐831頃)〕 〔無量寿経‐上〕
[2] 江戸中・後期の浄土宗の僧。号は名蓮。社号誉称阿。通称徳本行者。紀伊国(和歌山県)の人。二七歳で出家、徳のほまれ高く、増上寺の典海に招かれて小石川一行院の中興開山となる。著に「勧誡」「粉引歌」など。宝暦八~文政元年(一七五八‐一八一八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳本の関連情報