コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳本 とくほん

世界大百科事典 第2版の解説

とくほん【徳本】

1758‐1818(宝暦8‐文政1)
江戸中期の浄土宗の代表的な念仏行者。紀伊国(和歌山県)日高郡志賀村に生まれた。幼年より念仏に親しみ,1784年(天明4)27歳で往生寺(現,御坊市)の大円について出家した。別時念仏不断念仏など念仏の行を積み,文字を習わずして仏道の奥旨をきわめたという。紀州藩主の招きに応じ有田山に庵居したが,摂津,河内に行脚して念仏を広め,衆庶の帰依をうけた。1803年(享和3)46歳のとき,京都の鹿ヶ谷法然院で,それまでの長髪長爪の異相を改め,除髪した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

徳本 (とくほん)

生年月日:1758年6月22日
江戸時代後期の浄土宗の僧
1818年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

徳本の関連キーワード兵庫県神戸市東灘区住吉山手徳本(2)毛利 公子岡田良一郎徳本(1)早瀬蘭川徳本一善畠山持国笠原良策徳本恭敏松本盆地生年月日佐野政言福田行誡徳本上人小島蕉園福田金塘永田徳本上高地高徳線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳本の関連情報