コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万国図 ばんこくず

世界大百科事典 第2版の解説

ばんこくず【万国図】

世界の国々を描いた地図。17世紀から19世紀末ごろまでは,世界図もしくは世界全図の意味で,万国総図,万国全図などの用語が用いられた。現在,100万分の1国際図international map of the world on the million scale(略号IMW)の略称としても用いられる。
[100万分の1国際図]
 1881年のベルンにおける第5回国際地理学会議で,A.ペンクが統一された縮尺,図法,記号などによる国際的な地図の作成を提唱したのに始まり,その後第1回IMWの会議が1909年にロンドンで開催され,20年にはイギリスの測量局Ordnance Surveyに中央事務局が置かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

万国図の関連キーワードボーマン(Isaiah Bowman)多円錐図法佐波銀次郎沼尻墨僊南蛮美術桂川甫周山村才助手塚律蔵職方外記

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android