コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基本図 きほんずbasic map

2件 の用語解説(基本図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基本図
きほんず
basic map

国ごとに領土について,体系的に整備した一定の縮尺で統一的な地図図式によって表わした最も大きい縮尺の精密な地図で,いろいろな地図の基図となるもの。日本では国土地理院の5万分の1地形図と2万 5000分の1地形図が全国的に整備された基本図のシリーズとなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

基本図
きほんず

国土の全域または主要部分について、地表面の形とその上に分布する自然、人工のすべてのものを、統一した規格、精度で表現する地図。各国とも、国または国に準ずる機関が、国家的な事業として作成している。国土の計画や行政をはじめ多方面に広く利用され、民間でつくられる地図のもとにもなる。日本では、国土地理院発行の縮尺2万5000分の1の地形図、5万分の1の地形図などがこれにあたる。[五條英司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の基本図の言及

【地図】より


[その他]
 また上記の一般図,主題図あるいはその両者の組合せなどにより,多数の地図を書籍の形に編集したものを地図帳(アトラス)と呼んでいる。さらにまた上記の国が体系的に作成している地図の中で,他の多くの官民の地図作成の基本となるものを,国の基本図と呼んでいる。日本では国土地理院が空中写真測量によって全国を約4430面でカバーしている2万5000分の1地形図が,国の基本図として代表的なものである。…

※「基本図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基本図の関連情報