コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際地理学連合 こくさいちりがくれんごう International Geographical Union; IGU

2件 の用語解説(国際地理学連合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際地理学連合
こくさいちりがくれんごう
International Geographical Union; IGU

地理学研究の促進を目的として,1922年,国際学術研究会議のもとに発足,のちに国際学術連合会議 (現国際科学会議) 傘下の組織となる。その前身は国際地理学会議。日本は日本学術会議が加盟し,地理学研究連絡委員会が対応している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいちりがくれんごう【国際地理学連合 International Geographical Union】

IGUと略す。1871年にアントワープにおいて第1回の国際地理学会議(IGC)が開催され,それ以来3年ごとに会議が開かれたが,1922年7月には恒久的機関として国際地理学連合(IGU)が設置された。82年現在83ヵ国が加盟,会長,8人の副会長,事務局長からなる執行委員会がその運営にあたる。加盟国にはIGUと連絡する国内委員会があり,日本では日本学術会議に所属する地理学研究連絡委員会がその役割を果たしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の国際地理学連合の言及

【国際学術連合会議】より

…国際天文学連合(略称IAU,1919創立。以下同様),国際地理学連合(IGU,1923),国際数学連合(IMU,1952),国際生化学連合(IUB,1955),国際生物学連合(IUBS,1919),国際結晶学連合(IUC,1947),国際測地学・地球物理学連合(IUGG,1919),国際地質学連合(IUGS,1961),国際免疫学連合(IUIS,1969),国際栄養学連合(IUNS,1946),国際薬理学連合(IUPHAR,1959),国際生理学連合(IUPS,1953),国際理論・応用生物物理学連合(IUPAB,1961),国際純正・応用化学連合(IUPAC,1919),国際理論・応用物理学連合(IUPAP,1922),国際電波学連合(URSI,1919),国際科学史・科学哲学連合(IUHPS,1954),国際理論・応用力学連合(IUTAM,1947)。ICSUは次のような特別委員会を設置し科学技術をめぐる広範な問題に取り組んでいる。…

※「国際地理学連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際地理学連合の関連キーワードアントワープアントウェルペンヨーク・アントワープ規則ゴナドトロピンディーセントワークアントワープ・フィルハーモニー管弦楽団ヴィクトワールピサアントワープのマルクト広場アントワープ[州]アントワープ商品取引所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone