コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際地理学連合 こくさいちりがくれんごうInternational Geographical Union; IGU

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際地理学連合
こくさいちりがくれんごう
International Geographical Union; IGU

地理学研究の促進を目的として,1922年,国際学術研究会議のもとに発足,のちに国際学術連合会議 (現国際科学会議) 傘下の組織となる。その前身は国際地理学会議。日本は日本学術会議が加盟し,地理学研究連絡委員会が対応している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいちりがくれんごう【国際地理学連合 International Geographical Union】

IGUと略す。1871年にアントワープにおいて第1回の国際地理学会議(IGC)が開催され,それ以来3年ごとに会議が開かれたが,1922年7月には恒久的機関として国際地理学連合(IGU)が設置された。82年現在83ヵ国が加盟,会長,8人の副会長,事務局長からなる執行委員会がその運営にあたる。加盟国にはIGUと連絡する国内委員会があり,日本では日本学術会議に所属する地理学研究連絡委員会がその役割を果たしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国際地理学連合の言及

【国際学術連合会議】より

…国際天文学連合(略称IAU,1919創立。以下同様),国際地理学連合(IGU,1923),国際数学連合(IMU,1952),国際生化学連合(IUB,1955),国際生物学連合(IUBS,1919),国際結晶学連合(IUC,1947),国際測地学・地球物理学連合(IUGG,1919),国際地質学連合(IUGS,1961),国際免疫学連合(IUIS,1969),国際栄養学連合(IUNS,1946),国際薬理学連合(IUPHAR,1959),国際生理学連合(IUPS,1953),国際理論・応用生物物理学連合(IUPAB,1961),国際純正・応用化学連合(IUPAC,1919),国際理論・応用物理学連合(IUPAP,1922),国際電波学連合(URSI,1919),国際科学史・科学哲学連合(IUHPS,1954),国際理論・応用力学連合(IUTAM,1947)。ICSUは次のような特別委員会を設置し科学技術をめぐる広範な問題に取り組んでいる。…

※「国際地理学連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際地理学連合の関連キーワードゲラシモフ(Innokentiy Petrovich Gerasimov)スタンプ(Sir Laurence Dudley Stamp)国際地理オリンピックロベルト アルマジアE. マルトンヌドマンジョンゲラーシモフ多田 文男アールマンマルトンヌクレッシートロール柳 佑益スタンプ谷岡武雄山崎直方地図学トロル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android