万寿山(読み)まんじゅさん

日本大百科全書(ニッポニカ)「万寿山」の解説

万寿山
まんじゅさん / ワンショウシャン

中国の首都北京(ペキン)西郊の頤和園(いわえん/イーホーユワン)内の名勝。西山(せいざん/シーシャン)の一支脈であり、旧称を甕山(おうざん)という。清(しん)の乾隆帝(けんりゅうてい)が、生母の60歳の長命を祝って万寿山と改めた。南麓(なんろく)の昆明湖(こんめいこ)とともに、頤和園を形成し、南面中央の仏香閣、排雲殿や長廊をはじめとして、北面の須弥霊境址(しゅみれいきょうじ)や東麓の仁寿殿など、全山が壮麗な建築物でうずまっている。山頂からの眺望はすばらしく、多くの観光客を集めている。

[船越昭生]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「万寿山」の解説

万寿山【まんじゅさん】

中国,北京の北西郊にある景勝地。1750年乾隆帝が母の万寿を祝って築造した離宮があったが,アロー戦争末の1860年英仏連合軍によって円明園とともに焼かれた。のち西太后が改修して頤和(いわ)園と名付け,仏香閣その他諸殿が建てられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「万寿山」の解説

まんじゅ‐さん【万寿山】

中国、北京市の西直門の北西にある山名。もとは雍瓦山といったが、清の乾隆帝が山麓に寺を建て、生母の寿を祝い万寿山と名づけた。南に昆明湖をたたえ、清朝の旧離宮や仏寺がある景勝地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報