コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万寿山 マンジュサン

4件 の用語解説(万寿山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まんじゅ‐さん【万寿山】

中国、北京市北西郊の頤和園(いわえん)にある山。清の乾隆(けんりゅう)帝が母の寿を祝って名づけ、離宮を営んだ。景勝地。ワンショウシャン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

万寿山【まんじゅさん】

中国,北京の北西郊にある景勝地。1750年乾隆帝が母の万寿を祝って築造した離宮があったが,アロー戦争末の1860年英仏連合軍によって円明園とともに焼かれた。のち西太后が改修して頤和(いわ)園と名付け,仏香閣その他諸殿が建てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

まんじゅさん【万寿山】

中国、北京市の北西、頤和園いわえんにある山丘。清朝乾隆帝以後、万寿山離宮が営まれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万寿山
まんじゅさん / ワンショウシャン

中国の首都北京(ペキン)西郊の頤和園(いわえん/イーホーユワン)内の名勝。西山(せいざん/シーシャン)の一支脈であり、旧称を甕山(おうざん)という。清(しん)の乾隆帝(けんりゅうてい)が、生母の60歳の長命を祝って万寿山と改めた。南麓(なんろく)の昆明湖(こんめいこ)とともに、頤和園を形成し、南面中央の仏香閣、排雲殿や長廊をはじめとして、北面の須弥霊境址(しゅみれいきょうじ)や東麓の仁寿殿など、全山が壮麗な建築物でうずまっている。山頂からの眺望はすばらしく、多くの観光客を集めている。[船越昭生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万寿山の関連キーワード頤和園ピンマナ西郊勝地竹渓Έδεσσαギル湖馬仙峡ТэрэлжБурд

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone