コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万葉集略解 マンヨウシュウリャクゲ

デジタル大辞泉の解説

まんようしゅうりゃくげ〔マンエフシフリヤクゲ〕【万葉集略解】

江戸後期の万葉集の注釈書。20巻30冊。橘千蔭(たちばなちかげ)著。寛政8~文化9年(1796~1812)刊。先人の説を集成した簡便な全注で、入門書として広く読まれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まんようしゅうりゃくげ【万葉集略解】

注釈書。橘千蔭(加藤千蔭)著。1800年(寛政12)成立。30巻。12年(文化9)に刊行終わる。千蔭の家での村田春海,信夫道別,安田躬弦みつる)との《万葉集》の会読の成果を基礎として書かれた。契沖荷田春満(あずままろ),とりわけ師である賀茂真淵の《万葉考》によるところが大きい。稿が成るごとに本居宣長の閲を請い,その説をとりいれることも少なくない。《万葉集》の簡単な全注として,《万葉集》の普及に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まんようしゅうりゃくげ【万葉集略解】

注釈書。二〇巻。橘千蔭著。1796年成立。1796~1812年刊。全歌にわたって原文に平仮名の訓を施し、師賀茂真淵や本居宣長の説に基づく簡略な注解を加える。注解は独創的なところは見られないが穏健。入門書として広く流布した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

万葉集略解の関連キーワード萩原広道富永南陔八木美穂加藤千年大伴三林平仮名略解注解

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android