コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安田躬弦 やすだ みつる

3件 の用語解説(安田躬弦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

安田躬弦

江戸の歌人。姓源。初名若沖、通称一菴、棗本と号す。福井生。医業。賀茂季鷹の門にて和歌を能くし、加藤千蔭村田春海と深交あり。その詠藻は『近世名所歌集』『鰒玉集』その他に収載され、編著に『一葉抄』『草根集類題』等がある。文化13年(1816)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田躬弦 やすだ-みつる

1763-1816 江戸時代中期-後期の医師,歌人。
宝暦13年生まれ。越前(えちぜん)福井藩医。江戸藩邸で藩主松平治好(はるよし)の妻定姫につかえた。和歌を賀茂季鷹(すえたか)にまなび,村田春海(はるみ),加藤千蔭らと親交があった。文化13年1月5日死去。54歳。初名は若冲。通称は一庵。号は棗本。編著に「安濃の日記」「安田躬弦詠」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やすだみつる【安田躬弦】

1758‐1816(宝暦8‐文化13)
江戸中期の国学者。初めの名は若沖。通称は一菴。号は棗本(なつめがもと)。福井藩医。賀茂季鷹に従い和歌を学びその才を発す。江戸に住み加藤千蔭,村田春海,清水浜臣屋代弘賢らと交友,文雅をもって知られた。詠歌は《近世名所歌集》《鰒玉集》などに収載され,編著に《安濃の日記》《草根集私鈔類題》《大和物語直解》《和歌大手仁葉秘極抄》などがある。【南 啓治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安田躬弦の関連キーワード風早実秋大原栄敦筆綾人斎部道足宝暦事件加藤明陳国包(10代)古満休意(2)谷衛万

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone