万里一条鉄(読み)ばんりいちじょうてつ

大辞林 第三版の解説

ばんりいちじょうてつ【万里一条鉄】

〘仏〙 〔「人天眼目」 「伝灯録」など〕 現象は変化しても実相は永遠に不変で連続していること。転じて、物事が絶えることなく続くこと。万里一条の鉄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばんり【万里】=一条鉄(いちじょうてつ)[=一条(いちじょう)の鉄(てつ)

(「人天眼目‐二」の「如何是第二訣。古徳云、万里一条銕」による語で、万里にわたって一条の鉄がつらなっている意) 仏語。すべての現象は刻々に変化しつつ、その実相は少しも変わることなく過去・現在・未来の三世にわたって永遠につらなっているということ。転じて、一般的に、物事が絶えたり衰えたりすることなく続くことのたとえ。
※正法眼蔵(1231‐53)授記「授記の学道は、万里一条鉄なり」 〔景徳伝燈録‐二〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android