丈六の仏(読み)じょうろくのほとけ

精選版 日本国語大辞典「丈六の仏」の解説

じょうろく【丈六】 の 仏(ほとけ)

丈六尺の仏像釈迦在世身長は八尺あったといわれ、の特相を表わすために、その二倍の身長としたもの。また一説に、釈迦の身長ともいわれる。仏像は、この大きさを標準とし、結跏趺坐(けっかふざ)の多くの坐像の場合、立てば一丈六尺になるとしてこの半分の大きさである。丈六像。丈六。
更級日記(1059頃)「丈六の仏のいまだ荒作りにおはするが、顔ばかり見やられたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android