三上藤川(読み)みかみ とうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上藤川 みかみ-とうせん

1824-? 幕末の儒者。
文政7年2月22日生まれ。昌平黌(しょうへいこう)にはいり,安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事近江(おうみ)(滋賀県)の医師三上家をつぐ。尊攘(そんじょう)運動家として活動中,幕府の探索がきびしくなったため,文久3年(1863)9月出奔,その後の消息は不明。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は不破。名は黙。字(あざな)は士成。通称は忠蔵,主水。著作に「桑陰村荘詩鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android