コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三下 サンシタ

デジタル大辞泉の解説

さん‐した【三下】

[名・形動]
ばくち打ちの仲間で下っ端の者。三下奴(さんしたやっこ)。
取るに足らない者。下っ端の者。また、取るに足らないさま。
「見栄を並べる、―な屋郎(やらう)たあ違ふによ」〈洒・船頭部屋〉
[補説]ばくちで、賽(さい)の目数が三よりの場合には、まず勝ちめがないというところから言いはじめたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんした【三下】

( 名 ・形動 )
「三下奴」の略。
取るに足りないさま。また、そのような者。 「 -な野郎たあちがふによ/洒落本・船頭部屋」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三下の関連キーワード村上 勇一道中馬方節新娘道成寺お座敷唄六下がり初瀬追分唄浄瑠璃飾山囃子越後獅子吾妻八景石山源氏御山獅子秋の色種宇治巡りめりやす鏡獅子下っ端高砂物やっこ七小町

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android