三下(読み)サンシタ

デジタル大辞泉の解説

さん‐した【三下】

[名・形動]
ばくち打ちの仲間で下っ端の者。三下奴(さんしたやっこ)。
取るに足らない者。下っ端の者。また、取るに足らないさま。
「見栄を並べる、―な屋郎(やらう)たあ違ふによ」〈洒・船頭部屋〉
[補説]ばくちで、賽(さい)の目数が三よりの場合には、まず勝ちめがないというところから言いはじめたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんした【三下】

( 名 ・形動 )
「三下奴」の略。
取るに足りないさま。また、そのような者。 「 -な野郎たあちがふによ/洒落本・船頭部屋」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐さがり【三下】

〘名〙 (三の弦が下がった調弦の意) 三味線の調弦法の一つ。本調子の第三弦を一全音下げたもの。二上がりの第一弦を一全音上げて作ることもある。優美で沈んだ気分を表わし、長唄、小唄に多く用いられる。また、それによる節まわし。
※浄瑠璃・聖徳太子絵伝記(1717)三「ごぜ、座頭に一曲弾かせ〈略〉右の手の三脈が三さがり・二上りに、ぴんぴんしたる見立也」

さん‐した【三下】

〘名〙 (形動) 博徒仲間で下っ端の者。また、とるにたりないさま。さんしたやっこ。さんしたやろう。
洒落本・船頭部屋(19C初)七軒堀親里の套「龍宮の火の見やぐらの足代をかけたのと、見へをならべる、さんしたな野郎たアちがうによ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三下の関連情報