コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三下 サンシタ

デジタル大辞泉の解説

さん‐した【三下】

[名・形動]
ばくち打ちの仲間で下っ端の者。三下奴(さんしたやっこ)。
取るに足らない者。下っ端の者。また、取るに足らないさま。
「見栄を並べる、―な屋郎(やらう)たあ違ふによ」〈洒・船頭部屋〉
[補説]ばくちで、賽(さい)の目数が三より下の場合には、まず勝ちめがないというところから言いはじめたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんした【三下】

( 名 ・形動 )
「三下奴」の略。
取るに足りないさま。また、そのような者。 「 -な野郎たあちがふによ/洒落本・船頭部屋」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三下の関連情報