コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三下 サンシタ

デジタル大辞泉の解説

さん‐した【三下】

[名・形動]
ばくち打ちの仲間で下っ端の者。三下奴(さんしたやっこ)。
取るに足らない者。下っ端の者。また、取るに足らないさま。
「見栄を並べる、―な屋郎(やらう)たあ違ふによ」〈洒・船頭部屋〉
[補説]ばくちで、賽(さい)の目数が三よりの場合には、まず勝ちめがないというところから言いはじめたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんした【三下】

( 名 ・形動 )
「三下奴」の略。
取るに足りないさま。また、そのような者。 「 -な野郎たあちがふによ/洒落本・船頭部屋」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三下の関連キーワード四季の山姥新娘道成寺道中馬方節唄浄瑠璃六下がり越後獅子吾妻八景執着獅子喜三の庭飾山囃子お座敷唄初瀬追分石川勾当めりやす宇治巡り石山源氏鏡獅子離縁状踊り地明の鐘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android