三更(読み)サンコウ

  • さんこう ‥カウ
  • さんこう〔カウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 五更の一つ。一夜を五等分した第三の時刻。現在の時刻で、春は午後一〇時四〇分頃から零時五〇分頃まで、夏は午後一一時前頃から零時三〇分頃まで、秋は午後一〇時頃から零時三〇分頃まで、冬は午後一〇時二〇分頃から零時五〇分頃まで。子(ね)の刻。丙夜(へいや)。三鼓(さんこ)
※万葉(8C後)一六・三八二四・左注「於時夜漏三更所狐声
※車屋本謡曲・橋弁慶(1550頃)「すでに夜をまつ時もきて、さんかうの鐘も杉間の月の、光かがやく月かげに」 〔杜甫‐春夜峡州田侍御留宴詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android