(読み)サン

  • みい
  • 三/参
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

数の名。2の次、4の前の数。みっつ。みつ。
3番目。第3。
三味線で、三の糸。
[補説]「」は、主に証書などに金額を記すとき、間違いを防ぐために「三」の代わりに用いることがある。
《〈中国語〉》の、さん。みっつ。
[音]サン(呉)(漢) [訓]み みつ みっつ
学習漢字]1年
〈サン〉
数の名。みっつ。「三角三脚三国三役
三番目。「三更三流三人称
みたび。三度。「三顧三振再三
何度も。「三嘆三拝九拝
三河(みかわ)国。「三州
〈み・みつ〉「三日月(みかづき)三日(みっか)三葉(みつば)
[名のり]かず・こ・そ・ただ・なお
[難読]三鞭酒(シャンパン)三和土(たたき)三十(みそ)三十(みそじ)三十日(みそか)三椏(みつまた)三幅(みの)
さん。みっつ。数を数えるときの語。「ひ、ふ、、よ」
さん。みっつ。名詞の上に付けて用いる。「歳(みとせ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「三(さん)」の中国音。みっつ。江戸時代には拳(けん)の用語として用いられ、現代ではマージャン用語として用いられる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「真(ほんとう)の拳と云ふ物は一(イイ)(リャン)(サン)(スウ)(ウウ)(リウ)(チヱイ)(パマ)(クヮイ)といふものだっサ」
〘名〙
① 三つ。名詞・助数詞の前に付けて用いる。「三皿(みさら)」「三棟(みむね)」「三度(みたび)」など。
※古事記(712)下・歌謡「ありきぬの 美()(ヘ)の子が 捧がせる 瑞玉盞(みづたまうき)に」
② 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの三。普通は「ひーふーみーよー」のように長く発音する。みい。
※年中行事秘抄(12C末)鎮魂祭歌「一(ひと)(ふた)(ミ)(よ)(いつ)(むゆ)(なな)(や)(ここの)(たりや)
〘名〙 (「み(三)」を延ばして発音した語) 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの三(さん)
※俳諧・西鶴五百韻(1679)何鞠「君か代は長の数よむひいふうみい〈西鶴〉 たはね木をつむ高き屋の内〈西吟〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三の関連情報