三世の覚母(読み)さんぜのかくも

  • さんぜ
  • の 覚母(かくも)
  • 三世

精選版 日本国語大辞典の解説

(「覚母」は智慧を生みだす母) 仏語。文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の異称。文殊は智慧をつかさどり、仏は智慧から生ずるところから、覚母(仏母)の称がある。さんぜかくも。
※源平盛衰記(14C前)二四「三世(ゼ)の覚母(カクモ)は行基菩薩として東垂に現じて、衆生をして普く一分の善縁を結ばしめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android