コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三丘[温泉] みつお

2件 の用語解説(三丘[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三丘[温泉]【みつお】

山口県周南市にある国民保養温泉。単純硫化水素泉,放射能泉。34℃。島田川畔にわく。山陽本線島田駅からバス。山陽自動車道熊毛インターに近い。
→関連項目熊毛[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつお【三丘[温泉]】

山口県熊毛郡熊毛町にある温泉。放射能泉,34~39℃。島田川の河床からわく。明治期には河港の温泉地としてにぎわった。その後,水害によって泉源が不明になっていたが,1955年再発見された。三方を丘に囲まれた閑静な温泉で,保養客の利用が主である。8km北西にある八代(やつしろ)は特別天然記念物のナベヅルの渡来地として知られ,ツルが泉源を知らせたという伝説もある。山陰本線島田駅からバスが通じる。【榊原 貴士】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone