コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊毛 くまげ

2件 の用語解説(熊毛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊毛
くまげ

山口県南東部,中国山地の南端で,下松市の東に接する地域。旧町名。 1956年八代,高水,勝間,三丘 (みつお) の4村が合体して町制。 2003年徳山市,新南陽市,鹿野町と合併し周南市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊毛
くまげ

山口県中東部、熊毛郡にあった旧町名(熊毛町(ちょう))。現在は周南(しゅうなん)市の南東部を占める地域。1956年(昭和31)勝間(かつま)、三丘(みつお)、高水(たかみず)、八代(やしろ)の4村が合併して熊毛町成立。2003年(平成15)徳山市、新南陽(しんなんよう)市、鹿野(かの)町と合併、周南市となる。旧熊毛町地域は、下松(くだまつ)市の東に接する。その大部分は丘陵地で、北部は特別天然記念物ツル(ナベヅル)の渡来地の八代高原、南部は島田川中流の小盆地に水田農村が開けている。中央部の丘陵地を東西にJR岩徳(がんとく)線、国道2号、東海道・山陽新幹線が走る。また、さらにその南側を山陽自動車道が走り、熊毛インターチェンジが設置されている。周南市の熊毛総合支所のある呼坂(よびさか)は、古代山陽道の周防駅(すわのえき)に比定される所で、近世以降は宿駅、市場町として栄えた。近年は周南工業地区の近郊として住宅団地の開発が進み、人口の急増が目だった。式内社熊毛神社の諫鼓(かんこ)踊、二所神社の花笠(はながさ)踊は風流(ふりゅう)系で、それぞれ県指定の無形民俗文化財。島田川沿いに国民保養温泉の三丘温泉がある。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊毛の関連情報