コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井眉山 みい びざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井眉山 みい-びざん

1733-1785* 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)18年生まれ。三井善庵に眼科をまなび,その養子となる。大坂にでて,三井流秘伝の横鍼術(白内障の治療法)をおしみなく公開,門人・患者が門前市をなしたという。天明4年12月8日死去。52歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。本姓は黒木。名は良之。通称は元孺。著作に「眼目外障篇」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三井眉山の関連キーワード三井棗洲享保

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android