コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三作 サンサク

大辞林 第三版の解説

さんさく【三作】

三人の名匠の作。
刀工の、粟田口の藤四郎吉光、鎌倉の五郎正宗、越中の郷義弘の鍛えた刀。
つば工の、明珍信家・埋忠明寿・青木金家が作った鐔。
金工の、後藤一乗・河野春明・田中清寿の彫った彫刻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三作の言及

【明珍】より

…この派の特徴は鉄の鍛(きたえ)がよいことと,旧来の兜鉢と異なって,誇張的なほどあまり大きく作らず,矧板(はぎいた)を二重に矧ぎ合わせるなど堅牢で実用的であったことである。この系統の中では室町時代末期の高義,義通,信家が名高く,江戸時代にはこの3工を三作といって珍重した。【原田 一敏】。…

※「三作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三作の関連キーワードトマス・ゴードン・リンジイ ガターリッジTHE LAST MESSAGE 海猿付き馬屋おえん事件帳〈3〉ラッセル・M. グリフィンふぞろいの林檎たちIII名奉行遠山の金さん〈3〉とびだせ!パンポロリンあばれ八州御用旅〈3〉新版大岡政談 解決篇腕におぼえあり〈3〉ナースのお仕事〈3〉長七郎江戸日記〈3〉白線流し 旅立ちの詩真実の種、うその種おみやさん〈3〉喧嘩屋右近〈3〉古畑任三郎〈3〉三国彦作(2代)江戸を斬る〈3〉ぷよぷよSUN

三作の関連情報