三作(読み)サンサク

大辞林 第三版の解説

三人の名匠の作。
刀工の、粟田口の藤四郎吉光、鎌倉の五郎正宗、越中の郷義弘の鍛えた刀。
つば工の、明珍信家・埋忠明寿・青木金家が作った鐔。
金工の、後藤一乗・河野春明・田中清寿の彫った彫刻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 刀鍛冶名匠藤四郎吉光五郎正宗・郷義弘。また、その三人が鍛えた刀剣。
[二] 鐔工の名匠、明珍信家・埋忠明寿・青木金家。また、その三人の作った鐔。
[三] 金工の名匠、後藤一乗河野春明田中清寿の三人、または、後藤家の祐・光乗・即乗の三人。また、彼らの彫った彫刻

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三作の言及

【明珍】より

…この派の特徴は鉄の鍛(きたえ)がよいことと,旧来の兜鉢と異なって,誇張的なほどあまり大きく作らず,矧板(はぎいた)を二重に矧ぎ合わせるなど堅牢で実用的であったことである。この系統の中では室町時代末期の高義,義通,信家が名高く,江戸時代にはこの3工を三作といって珍重した。【原田 一敏】。…

※「三作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三作の関連情報