コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明珍信家 みょうちん のぶいえ

2件 の用語解説(明珍信家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明珍信家 みょうちん-のぶいえ

?-? 戦国時代の甲冑(かっちゅう)師。
明珍家17代。永正(えいしょう)-天文(てんぶん)(1504-55)のころに活躍。上野(こうずけ)(群馬県)白井にすみ,甲斐(かい)(山梨県)府中,相模(さがみ)(神奈川県)小田原などに移住したというが確証はない。同銘の複数作者がいたとみられる。高義,義通とともに「明珍後の三作」とよばれ,歴代でもっとも有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

明珍信家

没年:永禄7?(1564)
生年:文明18?(1486)
室町末期の甲冑師。代々甲冑工を本職としてきた明珍家の17代。「明珍系図」によれば,上州(群馬県)に住し,初名を安家,のちに剃髪して覚意と号したという。また,武田晴信から一字を賜り,信家と改名し,甲州(山梨県)や相州(神奈川県)小田原にも移り住んだとされるが,いずれも確証はない。古来,鐔工として著名な信家と同一人物視されたこともあったが,現在では別人とみなされている。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明珍信家の関連キーワード甲冑南蛮鉄荒木流甲冑魚甲冑師明珍明珍宗恭明珍宗安山上八郎吉田幸平

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone