コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十八度線 サンジュウハチドセン

デジタル大辞泉プラスの解説

三十八度線

佐々木祝雄によるノンフィクション。朝鮮半島で終戦を迎えた著者が三十八度線を越えて引揚げ帰国を果たすまでの体験を綴る。1957年刊行。第6回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんじゅうはちどせん【三十八度線】

朝鮮半島のほぼ中央部を横断している北緯38度線のこと。第二次大戦後、この線をほぼ境にして北はソ連、南はアメリカが占領。のち北と南にそれぞれ朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国とが成立。この線の付近に軍事境界線が引かれている。 → 朝鮮戦争

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三十八度線の関連キーワード北緯三十八度線

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三十八度線の関連情報